北区赤羽の心療内科、精神科、内科の赤羽こころの森クリニック

 
赤羽こころの森クリニック
ホーム
医師紹介
診療案内
予約方法
交通案内
 
診療案内
心療内科
-------------------------
精神科
-------------------------
内科
-------------------------
 
クリニック案内
〒115-0044
東京都北区赤羽南1-9-11
赤羽南ビル3F
TEL:03-5939-7257
詳細はこちら
 
 
 
診療方針
 
適切な薬物治療は不可欠と考えますが、薬物のみでは解決しません。
症状に対する御本人のみのオリジナル対処法も重視しています。
もちろん休養、カウンセリング、リハビリ、環境調整等も治療には不可欠です。
薬物は増やすばかりではなく、時には減量することも必要です。
また、必要に応じて器質的原因の除外診断のために、MRI等の検査や薬物の血中濃度の 測定・一般採血・尿検査もお勧めします。
どんな素晴らしい治療でも長続しないものでは意味がありません。
今までの経験からすると「急がば回れ」ではありませんが、ゆるやかに着実に治療した方の
方が、長く安定されているように思います。
当院はそれぞれの事情にあった「ゆるやかで着実な、そして長続きする治療」を提案いたします。
御本人が「今のつらさをとりたい」という意思をお持ちになる限りお手伝いしたいと考えています。
 
診療科目
 
 
心療内科精神科内科
 
 
診療案内
 
 
うつ病
適応障害
発達障害
不眠症(快眠相談)
躁うつ病
更年期障害
パニック障害
統合失調症
慢性疼痛
社交不安障害
摂食障害
強迫性障害
認知症 など
 
 
このような症状のある方はご相談ください
 
 
以下のような症状があり、気になる方は、お気軽にご相談下さい。  

気分が沈む、やる気が出ない。
気持ちが不安定で急に涙が出ることがある。
よく眠れない。(寝つきが悪い・何度も目が覚める)
急に動悸がして落ち着かなくなる。
いつも漠然とした不安が強い。
人前や、注目を集める場面ですごく緊張してしまう。
戸締りや鍵の確認を何度もしないと落ち着かない。
人間関係の悩みで辛い。
職場や学校があると朝起きられない、遅刻してしまう。
急に社交的になり、外出や浪費が増えた。
引きこもって独り言が増えた。
自分の悪口を言われている気がする。
変な考えや声が頭から離れない。
頭痛や肩こりがひどい、お腹の調子が悪い。
ご飯が食べられない、時に過食や嘔吐もある。
飲んではいけない状況でも飲酒してしまう。
まわりから空気が読めないと言われる。人付き合いに馴染めない。
最近、性欲が落ちた。性交がうまくいかない。
近頃、物忘れが気になるようになった。
年をとって買い物や料理が上手くいかない。
最近、物がなくなると「盗られた」と思ってしまう。
徘徊して警察に保護された事がある。
 
 
 
自立支援・生保について
 
  
自立支援医療、生活保護の方も受け付けています。
  
 
 
産業医をお探しの方へ
 
 
産業医とは、労働者の健康の保持、増進に努め、職場環境管理を行い労働と健康の両方を
守り、専門的立場から指導・助言を行う医師です。
日本医師会認定産業医の資格を持ち、よりよい、職場環境を作るために嘱託産業医、あるいはメンタルヘルス産業医としてメ ンタルヘルス対策や復職の判定などに対応いたします。
詳しくは、お電話にてお問い合わせください。
 
 
症状について
 
 
睡眠障害  
 ・ねつけない ・夜中に何度も目が覚める ・朝早く目が覚める ・ぐっすりねた気がしない
 ・日中眠い  ・眠りが長すぎる ・ねる前に足がむずむずする 
 ・いびきがひどく呼吸が止まっているかもしれない
  等さまざまな症状があります。  まずはご相談ください。
 
うつ病    
 ・やる気が起きない ・何をするのもおっくう ・憂うつな気分 ・眠れない ・食欲がない 
 ・生きているのがつらい・・・といったことが若干の変動はあるものの長期間続くものです。
 
パニック障害
 突然、動悸・発汗・息苦しさ等と共に恐怖感・不安感が出現する「パニック発作」があり、
 そのことに対する不安感から日常生活や社会生活に問題がでてきます。
 
社交不安障害
 人前で話したり、電話をとったり文字を書いたりすることが苦手で強い不安感や恐怖感があり、
 そういった場面を避けるようになります。
 
強迫性障害
 やめたい、ばかばかしいと思っているにも関わらす、ある考えが頭から離れなかったり
 (例:自分が他人を傷つけてしまうのではないか)、
 同じ行動(例:手を洗う、火の元や鍵の確認)を繰り返し、日常生活や社会生活に支障が
 生じてきます。
 
自律神経失調症
 ストレスなどが原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れてさまざまな症状がでてきます
 (例:頭痛・めまい・肩こり・耳鳴り・しびれ・倦怠感など)。
 詳しい検査をしても異常なしといわれることが多くあります。
 
適応障害
 現在の環境にストレスを感じ、そのことから抑うつ気分・不安といった気分の問題や、
 会社や学校に行けない・過剰に飲酒するなど行動の問題を生じます。
 
慢性疼痛
 持続する痛み(頭痛・腰痛など)により、眠れない・気分の落ち込みなど日常生活や社会生活
 に支障をきたします。
 
統合失調症
 あるはずのないものが見える・聞こえる、周囲の人が自分を見張る・笑っているといった
 幻覚・妄想や、意欲がない・集中力がない・理解ができないといった症状を認めますが、
 本人は病気と意識していないことが多く、社会生活や日常生活に問題が出てくるように
 なってから周囲の人が気づいたりします。
 
認知症
 物忘れがひどくなる・日時や場所が混乱するといった症状とともに、夜間眠れない
 ・あるはずのないものが見えたり聞こえたりする・ありえないことを信じこむなどといった症状を
 認めたりすることもあります。
 本人より周囲の人が気づくことが多い病気です。
 
 
 
施設案内
 
   
 
受付 待合室
 
診察室 処置室
 
カウンセリングルーム エレベーター
   
 
紹介先病院
 
 
当院では近隣の医療機関と連携して地域医療を行っております。
入院や専門的な検査が必要な場合には、
最適な医療機関をご紹介させていただきますのでご相談下さい。
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)2012 赤羽こころの森クリニック.All Rights Reserved.